【MVNOのいろは】MVNOで利用できるエリアは?地方や郊外でも使えるの?

MVNOのほとんどがNTTドコモの回線を利用しているので、ドコモが使えるエリアであれば通話(通信)することができます。

契約内容や端末によって異なることも

ただし、LTE(Xi)が使えるか、3G(FOMA)だけしか使えないのか、契約内容によって異なるため注意が必要です。また、使用する端末の対応している周波数によってもエリアが異なる場合があります。

そのため、端末を購入する際には対応している周波数を確認する必要があります。

【MVNOのいろは】端末を買うときに確認したい周波数

auを使った回線も

ケイ・オプティコムの「mineo」や、KDDIバリューイネイブラーの「UQ mobile」はau(KDDI)の回線を利用しています

データ通信はau 4G LTEエリアのみで利用でき、3Gでは通信できません。しかし、au 4G LTEエリア(800MHz)は人口カバー率が99%を超え、さらに現在も拡大中とのことで、あまり心配する必要はなさそうです。また、機種によってはWiMAX 2+やキャリアアグリゲーション(CA)を使うことができます。

音声通話はau 3Gエリアで利用できます。

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。