KDDIがMVNO事業に本腰、パートナー企業へ回線を提供する「KDDIバリューイネイブラー株式会社」設立

KDDIは、MVNO事業を推進するための100%子会社「KDDIバリューイネイブラー株式会社」(以下、KVE)を設立したと発表しました。

KDDIによると、MVNOについて様々なパートナーから要望を受けていたとのことで、こうした要望を受け、KVEがKDDIのMVNOとなり、パートナー企業と連携してサービスを展開していくとのことです。

140830_kddi_mvno_kve_01

現在多くのMVNOサービスが登場していますが、自社設備やKDDI回線との接続、端末の用意、販売網、料金徴収システム、サポートなどなど、異業種にとってはハードルが高いです。
そこで、それらをKVEが一括して担当してパートナー企業へ回線を再販、パートナー企業は自社ブランドで通信サービスを提供できるようになります。

KVE自身も新しいブランドでMVNOサービスを展開するようです。

現在、KDDI(au)のMVNOは「mineo」1社のみですが(この図で言うと「その他MVNO」にあたります)、今後はauの回線を使ったMVNOサービスが増えそうです。ケータイWatchの記事によれば、詳細やパートナー企業向けのサービスは年内にも開始するとのことですので、実際に我々がサービスを受けられるのは年明けか来春頃でしょうか。

関連リンク

新会社「KDDIバリューイネイブラー株式会社」の設立について | KDDI株式会社(プレスリリース)
KDDI、MVNO事業を推進する新会社「KDDIバリューイネイブラー」(ケータイ Watch)

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。