ASUS、SIMフリースマートフォン「ZenFone 5」を11月8日より販売開始、16GBで26,800円

141029_zenfone_02

ASUS JAPANは、ハイクラスなSIMフリースマートフォン「ZenFone 5」(A500KL)を2014年11月8日より販売すると発表しました。

日本向けにカスタマイズ

「ZenFone 5」は、高速データ通信LTEに対応したSIMフリースマートフォンで、ASUS JAPANとしては初のスマートフォンです。

5インチのHD IPS液晶を搭載、耐久性に優れた「Gorilla Glass 3」を搭載、アンチフィンガーコーティングを施していることで、傷や指紋汚れも防いでくれます。また、これからの季節にありがたい「手袋モード」にも対応し、手袋をつけたままでも快適に操作できます。

背面カメラは800万画素、ASUS独自の「Pixel Master(ピクセルマスター)テクノロジー」により薄暗い場所でも綺麗に撮影できます。内蔵ストレージは16GBと32GBの2タイプ、最大64GBまで利用できるmicroSDカードスロットを搭載するほか、オンラインストレージサービス「ASUS WebStorage」を5GB(永久無料版)利用できます。

141029_zenfone_03

また、日本語入力ソフトの「ATOK」が予めインストールされています。購入すると1,500円(買い切りの場合)するので、かなりオトクになっています。

このほか、スマートフォンに不慣れな方や、アイコンが小さくて使い難さを感じていた方でも、シンプルに、簡単に利用できる「簡単モード」を搭載しています。

価格はオープン価格ですが、予想実売価格は16GBモデルが26,800円(税別)、32GBモデルが29,800円(税別)です。2万円台と低価格ですが、各メディアのレビュー記事を見る限り、質感がよく、“安かろう悪かろう”ではないとのことです。

MVNOですぐに利用できる

対応しているLTEとW-CDMAのネットワークは次の通りです。

LTE 2,100(1)
1,800(3)

2,600(7)
900(8)
800(19)
W-CDMA(HSPA+) 2,100(1)
1,900(2)
850(5)
800(6)
900(8)
800(19)

NTTドコモのネットワークに最適です(赤字がドコモ対応周波数です)。
なお、主要MVNOのAPN設定が登録されているとのことで、格安SIMを使って手軽に利用することができます。

主なスペック

型番 ZenFone 5(A500KL)
OS Android 4.4.2
ディスプレイ 5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶(LEDバックライト)
解像度 1,280×720ドット(HD)
本体サイズ 148.2 × 72.8 × 10.34mm
質量 約145g
CPU Qualcomm Snapdragon 400
RAM 2GB
ROM 16GB/32GB
外部ストレージ microSDスロット(最大64GB)
ウェブストレージ ASUS WebStorageサービス(5GB/永久無料版)
カメラ アウトカメラ:800万画素
インカメラ:200万画素
無線LAN EEE802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
センサ GPS(GLONASSサポート)
電子コンパス
光センサ
加速度センサ
近接センサ
磁気センサ
インターフェス microUSB×1
microSIMスロット
microSDメモリカードスロット(64GBまで対応)
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
SIMサイズ microSIM
本体カラー ブラック、ホワイト、レッド、ゴールド

ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ、NFC、防水、防塵には対応していません。

関連リンク

UNLOCK THE FUTURE ~新たなる境地へ~ ASUS JAPANが国内初となるスマートフォン「ZenFone™ 5」とスマートウォッチ「ASUS ZenWatch™」を発表
ASUS ZenFone Shop

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。