日本郵便が格安スマホに参入か 郵便局で使い方説明しながら販売

日本郵便が格安スマホへの参入を検討しているそうです。時事通信と(おそらくその配信を受けた)毎日新聞が報じています。

2015年度中に事業を始める見通しで、全国約2万4000の郵便局ネットワークを生かして端末の販売やサービスを提供し、収益改善につなげる考えだ。

日本郵便は、高齢者の利用が多い郵便局で、使い方などを説明しながら販売すれば、需要を掘り起こせると判断した。

上記は毎日新聞からの引用です。料金や端末などはまだ決まっていないものの、郵便局を使って端末を販売、サポートするようです。

対面のサポート窓口があるMVNOはゼロに等しいので、全国津々浦々ある郵便局がその拠点と慣れば大きなアドバンテージとなりますが、窓口を担当する局員が端末の使い方を把握する必要があったり、街にある一般的な郵便局は椅子のないカウンターのみのところも多く、使い方を説明しながら販売するというのはあまり現実的ではないような気がします…。

関連リンク

時事ドットコム:日本郵便、格安スマホ参入=来年度にも-収益拡大へ事業多様化
日本郵便:格安スマホ参入検討 15年度中 高齢者に需要 – 毎日新聞

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。