Android、1型センサー搭載のLTE対応デジカメ「LUMIX CM1」国内で2,000台限定発売

150120_lumix_dmc-cm1_02

パナソニックは、Android OSを搭載するデジタルカメラ「LUMIX CM1」(DMC-CM1)を3月12日より日本国内で販売すると発表しました。
2,000台限定で、価格はオープン、実売予想価格は12万円前後になるとのことです。

140927_lumix_cm1_01

ハイエンドコンパクトカメラで使わている大型の1.0型高感度MOSセンサーと、広角で明るい28mm 大口径F2.8 ライカ DC ELMARIT レンズを搭載することで、デジタル一眼カメラ並みのカメラ性能を実現しながら、小型化・薄型化技術によりポケットに入る薄さ約15.2mm(ボディ部)のポケットサイズを実現しています。画像処理はヴィーナスエンジンです。

OSはAndroid 4.4を搭載し、一般的なAndroidスマートフォンの操作感で撮影した写真を加工・共有することができます。Google Playにも対応しているため、自分の好みのアプリをインストールすることも可能です。

LTE/3G(W-CDMA)に対応しているため、SIMカードを挿入すればWi-Fiがない場所でも撮影した写真や動画をオンラインストレージへのアップロードやSNSへ投稿も可能です。SIMロックフリーで、音声通話にも対応しています。

150120_lumix_dmc-cm1_03

カメラとAndroidは、本体にあるスイッチをスライドするだけで切り替えることができます。撮りたい被写体を見つけたときにすぐにカメラを起動でき、撮影が済んだら使用していたアプリに素早く戻せます。

RAW撮影にも対応。スマートフォンではないため、シャッター音は無音とのことです。

主なスペック

4.7型 フルHDタッチパネル液晶、プロセッサはQualcomm Snapdragon801 2.3GHz(クアッドコア)、ROM 16GB、RAM 2GB、microSD/SDHC/SDXCメモリーカード対応、撮影可能枚数は約300枚(CIPA規格)、IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、NFC、GPSに対応しています。

本体サイズは、約135.4 x 68.0 x 21.1mm(ボディ部約15.2mm)、約204g(メモリーカード、SIMカード含む)、カラーはシルバーです。

なお、ショッピングサイト「Panasonic Store」において、2015年1月23日から2月17日まで、モニター販売をするとのことです。

周波数はソフトバンクが最適?

LTE 1、3、4、5、7、8、20
3G(W-CDMA) I、IV、V、VIII

国内では、LTEのBand 1(2.1GHz)は3社とも利用しています。3(1.7GHz)はドコモ(東名阪)とワイモバイル、8(900MHz)はソフトバンクです。
3Gでは、Ⅰ(2.1GHz)がドコモとソフトバンク、Ⅷ(900MHz)がソフトバンクです。

よって、スペックシート上での周波数はワイモバイルを含むソフトバンクグループでの利用が最適と言えそうです。

関連リンク

コミュニケーションカメラ LUMIX DMC-CM1 限定発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic
DMC-CM1|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。