NTT東西の「光コラボレーションモデル」は2月1日開始、So-netがサービス導入を表明

NTT東日本・西日本は1月22日、フレッツ光を他の事業者に卸提供する「光コラボレーションモデル」を、2015年2月1日より提供すると発表しました。

現在、フレッツ光やひかり電話を利用しているユーザーが、光コラボレーションを利用したサービス事業者に移行する際は、「転用」手続きにより、利用環境を変更することなく移行できるとしています。具体的な手続き等は改めて案内される予定です。

光コラボレーションを利用したサービスに関して、ソネット株式会社(So-net)が新サービス「So-net 光 コラボレーション」を2月上旬より開始すると発表しました。具体的な料金やサービス内容は改めて発表される予定です。

150123_ntt_hikari_collaboration_02

このほか、NTTドコモ(ドコモ光)やソフトバンクモバイル(ソフトバンクBB)、OCNなども光コラボレーションを利用したサービス導入する予定で、順次、各社より発表されると思われます。

関連リンク

「光コラボレーションモデル」の提供開始について | お知らせ・報道発表 | 企業情報 | NTT東日本
「光コラボレーションモデル」の提供開始について|NTT西日本
So-net、NTT光コラボレーションモデルを導入した新サービス「So-net 光 コラボレーション」を提供開始プレスリリース | So-net 会社情報

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。