MVNO向け「高付加価値」Xperiaを今春発売へ、ソニーモバイルとSo-netが発表

150131_xperia_so-net_01

ソネット株式会社とソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は、ソネットが提供するLTE通信とソニーの技術を結晶した高付加価値のXperiaスマートフォンを組み合わせた新サービスを今春より開始すると発表しました。

今月27日に産経新聞が報道しましたが、両社より正式に発表されました。販路については「ソネットの販路などで」とだけ言及されています。
ソニーが「格安スマホ」に参入、イオンからXperia発売へ=産経新聞報道

「高付加価値」なXperia

ソネットは「So-net モバイルLTE」や「PLAY SIM」などのプランでMVNO事業を運営していますが、MVNO市場では低価格スマートフォンの導入が進んでいる一方で、より高機能で使いやすい商品へのニーズが高まっているとのことです。

そこで新サービス開始にあたり、ソニーモバイルがこれまで培ってきた技術やノウハウをもとに、ソネットの通信サービスを組み合わせたXperiaスマートフォンを提供します。

発売日や端末価格・通信プランを含めた月々の料金プランは後日発表される予定です。「高付加価値ラインアップ」という一文があるように、いわゆる「格安スマホ」と既存のXperiaの中間辺りの商品になると思われます。

※画像はイメージで、本文の内容とは関係ありません。

関連リンク

So-netのLTE通信とXperiaを組み合わせた新サービスの提供を開始|So-net
So-netのLTE通信とXperiaを組み合わせた新サービスの提供を開始|ソニーモバイルコミュニケーションズ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。