【MVNOのいろは】SIMカードのサイズは3種類ある

携帯電話やスマートフォンで通話やモバイル通信をするには「SIMカード」が必要ですが、サイズが3種類あることをご存知でしょうか。格安SIMを契約する際は、自分の使うスマートフォンがどのサイズなのか事前に調べておく必要があります。

※SIMカードを「USIMカード」「UIMカード」「ICカード」と呼んでいる事業者もあります。

サイズは3種類

0002306_01

左から「標準」「micro(マイクロ)」「nano(ナノ)」の3種類です。携帯電話や初期のスマートフォンでは標準SIMが採用されていましたが、最では見かけなくなりつつあります。最近のモデルでは「micro」か「nano」が主流です。

購入時はサイズに注意

0002306_02

店頭やネット通販で販売している格安SIMでは、ひとつのプランに対して3サイズ(2サイズの場合もあり)のパッケージが用意されています。購入する際はパッケージに表記されているサイズを確認してから購入する必要があります。

0002306_03

端末の仕様表にはサイズが記載されています。

端末が故障した際や変更する際、新しい端末のSIMカードのサイズが異なる場合は、SIMカードを交換する必要があります。交換には手数料が必要です。

変換アダプターもあるけど…

0002306_04

はめ込むことでSIMカードのサイズを変えることができる「変換アダプター」も市販されてます。

「nano」を「micro」に、「micro」を「標準」にといったように、一番小さいサイズの「nano」で契約しておけば、どんな端末でも使えるようになるものです。

0002306_05

しかし、SIMカードをはめ込むだけなのでSIMスロットから取り出せなくなる可能性があります。その際に無理に取り出そうとすると、内部の端子がSIMカードの金属の部分を傷つけてしまう場合もあります。

変換アダプターは正規の使い方ではないため、修理に出してもメーカー保証の対象外なので注意が必要です。

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。