楽天モバイルも高速通信容量を増量、月900円で3.1GBに

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社は、同社が提供しているMVNOサービス「楽天モバイル」の通話SIM・データSIMの高速通信容量を2015年4月1日より増量すると発表しました。

それに伴い、プラン名称も変更します。プラン名と高速通信容量は以下の通りです。月額料金に変更はありません。

  • 2.1GBパック⇒3.1GBパック
  • 4GBパック⇒5GBパック
  • 7GBパック⇒10GBパック
通話SIM データSIM
(SMS有り)
データSIM
(SMS無し)
高速通信容量 最大通信速度
1,600円 1,020円 900円 2.1GB→3.1GB 下り150Mbps
上り50Mbps
2,150円 1,570円 1,450円 4GB→5GB
2,960円 2,380円 2,260円 7GB→10GB

高速通信容量が付属しない「ベーシックプラン」に変更はありません。

なお、楽天モバイルでは「楽天モバイル SIMアプリ」において、2月28日より高速通信の切り替えができる新機能を提供しています。これまでは高速通信容量を使い切った時点で低速に切り替っていましたが、この機能により高速通信と低速通信を自身で切り替える事が可能になりました。

IIJに続き楽天モバイルも

先日、IIJが同様のサービス改定を発表したばかりで、今後、他のMVNO各社も追随すると思われます。
IIJmioがサービス改定、料金はそのままで最大3GB増量 | MVNO&格安SIMインフォ

関連リンク

楽天モバイル
楽天株式会社:  楽天モバイル、月額料金は据え置きで高速通信容量を大幅増量 | ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。