レノボが日本のスマホ市場に参入へ、「モトローラ」「NEC」ブランドも検討

レノボ(レノボ・ジャパン)が日本国内のスマートフォン市場に参入することが判明しました。3月26日に行われた社長就任会見で発表されたようです。2015年は「スマートフォン参入元年になる」とのことで、2015年中にも新製品が発売される模様です。

投入する製品やOS、販売方法などについては後日改めて発表される予定です。ブランドは「Lenovo」のほか、レノボグループが買収したモトローラ・モビリティの「Motorola」、合弁相手の「NEC」も検討すると報じられています。

中国メーカーをめぐっては、ZTEが格安スマホ市場へ本格参入するほか、ハイアールも参入を検討しているとのことです。
ZTEが日本の格安スマホ市場に本格参入へ、4月に「Blade S6」を販売
中国ハイアール、日本市場へスマートフォンやタブレットの投入を検討

レノボの会見の詳細については以下のメディアの記事よりご覧になれます。

関連リンク

時事ドットコム:国内スマホにレノボ参入
レノボ・ジャパン、2015年のスマートフォン日本市場参入を宣言 – ITmedia PC USER
レノボが日本のスマホ市場に参入!その意図とは? – 週アスPLUS
ニュース – 「2015年中に国内スマホ市場へ参入する」、NECレノボ・ジャパンの留目新社長が表明:ITpro

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。