「ブックオフの格安スマホサービスは間違っていました」スマOFFが2年縛りを撤廃、microSIMを採用

ブックオフコーポレーション株式会社は、今年1月にサービスを開始した格安スマホサービス内容について、2015年4月1日に「2年以内の解約時の違約金の撤廃」及び「標準SIMからより使い勝手の良いmicroSIM」へ変更すると発表しました。

150401_sumaoff_01

ブックオフは2015年1月28日に格安スマホサービスを開始しました。2007年以降に発売された携帯電話やスマートフォンをブックオフで売ると、SIMフリースマートフォン「Liquid Z200」(Acer製)をプレゼントし、月額980円で利用できるサービスです。

ブックオフがMVNOサービス「スマOFF」スタート、中古端末を売るとAcerのスマホプレゼント
Acerが国内スマホ市場に参入、SIMフリースマホ「Liquid Z200」をブックオフチェーンで発売

150127_bookoff_acer_01

その後、ユーザーからの意見や要望を踏まえ、「2年以内の解約時の違約金の撤廃」及び、SIM単体での契約も可能であることと、Liquid Z200以外のスマートフォンでも利用しやすいよう「標準SIMからより使い勝手の良いmicroSIM」へと変更することになりました。

既に契約しているユーザーは途中契約時に違約金は発生せず、4月中にSIM交換を申し込むと無償でmicroSIMへ交換が可能です。

関連リンク

新発想モバイルサービス「スマOFF」|BOOKOFFの格安スマホ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。