ドコモとauがSIMロック解除手続きについて案内、ネット手続きなら手数料無料、ただし6ヶ月の制限期間あり

150423_sim_rock_01

NTTドコモは、「SIMロック解除に関するガイドライン」の改正に伴い、2015年5月1日以降に発売される機種について、SIMロック解除手続きの方法を変更すると案内しています。
また、KDDIは2015年5月以降発売されるスマートフォンやタブレット端末に原則としてSIMロック解除機能を搭載すると発表しました。

NTTドコモ

NTTドコモはこれまでの一部端末を除いてSIMロック解除に応じていましたが、5月1日以降に発売される端末は手続き方法が変更になります。

機種 2015年5月1日以降に発売 2015年4月30日までに発売
受付方法 インターネット
電話
ドコモショップ
ドコモショップ
事務手数料(税抜) インターネット:無料
電話:3,000円
ドコモショップ:3,000円
ドコモショップ:3,000円

対象機種はNTTドコモのウェブサイトで確認できます。なお、受付条件によってはSIMロック解除ができない場合があるとしています。

2015年5月1日以降に発売される機種は、購入日から6ヶ月間の解除制限期間(SIMロック解除を行わない期間)が設定されています。
4月30日までの機種であれば購入後すぐに解除手続きが可能でしたが、5月以降は例え一括払いで端末代金の支払いが済んでいても6ヶ月間は解除手続きができなくなります。

また、ドコモケータイ(iモード携帯電話)やデータ通信専用端末などはドコモショップ店頭でのみ受け付けます(事務手数料は無料)。

KDDI

KDDIは、2015年5月以降(4月23日発売の「GALAXY S6 edge SCV31」も含む)に新たに発売するスマートフォン・タブレット等のau携帯電話に原則SIMロック解除機能を搭載すると発表しました。

SIMロックは、購入日から180日経過した対象端末であれば、ウェブサイト(手数料無料)やauショップ(手数料3,000円)でSIMロック解除の申し込みが可能です。

なお、事業者によって使用している周波数帯が異なることから、対象端末の実装周波数帯一覧を公開しています。
SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧 | auお客さまサポート

ソフトバンク・ワイモバイル

ソフトバンクモバイルやワイモバイルは現在のところ公式なアナウンスはありませんが、ジャーナリストの石川温氏のツイートによると対応機種が発売されるタイミングでリリースが出るようです。

関連リンク

報道発表資料 : ガイドライン改正に伴うSIMロック解除手続き方法の変更 | お知らせ | NTTドコモ
SIMロック解除の開始について | 2015年 | KDDI株式会社
SIMロック解除に関するガイドライン(総務省)(※PDFファイル)

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。