MMD研究所がMVNO10社の速度調査を実施、b-mobileやUQ mobileが健闘

MMD研究所は、「2015年4月格安スマホ通信速度調査」を実施し結果を発表しました。

調査は午前・昼・夕方の3つの時間帯でMVNO10社とドコモ・au・ソフトバンクの3社の通信テストを行ったものです。

150424_mmd_research_02

お昼の12時台は1日の中で最も混雑する(速度が遅くなる)と言われていますが、今回の調査ではb-mobileとUQ mobileは他のMVNOよりも速度が出ています。

ドコモ・au・ソフトバンクの3社はMVNO回線と違い、どの時間帯も安定して速度が出ているのが分かります。

※調査端末がdocomo MVNOはASUS ZenFone 5、au MVNOは京セラLUCE、3キャリアはiPhone 6と異なるので単純比較はできません。

関連リンク

2015年4月格安スマホ通信速度調査

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。