【MVNOのいろは】なぜ音声通話SIMには最低利用期間があるの?

0003628_02

いわゆる「格安SIM」は、大きく分けて「音声通話SIM」と「データ専用SIM」の2つに分かれます。

ほとんどの音声通話SIMには「最低利用期間」が定められています。その期間内に解約やMNPで他の会社に移ると「違約金」が発生します。一方で、データ専用SIMには最低利用期間が設定されていません。なぜなのでしょうか。

理由は「MNP転出」

ほとんどの音声通話SIMで「最低利用期間」が設定されている理由は「MNP」です。

最近は減ってきましたが、一時期、「MNPで新規契約すると○万円キャッシュバック」という販売手法が多かった時期がありました。最低利用期間や違約金を設定しておかなければ、短期間にA社→B社→C社→……とMNP転出を繰り返す人がでてきてしまい、それを繰り返されてしまうと転出元に利益が出なくなってしまいます。

そのため、各社が6ヶ月や12ヶ月などの最低利用期間を設定しているのです。

(そもそも「○万円キャッシュバック」というのも最低利用期間が定められているからこそできた販売手法ではありますが…)

MNPは音声契約のみが対象なので、データ通信には最低利用期間が設定されてません。

MNP転出手数料にも注意

ワイヤレスゲートがヨドバシカメラで展開している「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 音声通話プラン」は、音声通話SIMでありながら、最低利用期間や違約金が設定されていません。極端な話をすれば、契約(または他社からMNPで転入)した次の日に解約しても違約金は請求されません。

その代わり「MNP転出手数料11,000円」が設定されています。MNP転出手数料は2,000円〜3,000円が相場なので、実質的にこれが違約金の役目になっています。

MNPをするつもりがない場合は特に気にする必要はありませんが、契約前にこういった手数料も確認しておく必要があります。

ヨドバシカメラが音声機能付きSIMカードを販売、即日開通対応のSIMカードカウンターも全店舗に設置へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。