スマホ充電時の発熱や発火に注意、携帯電話各社が注意喚起

150530_mcpc_battery_02

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)とNTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイルは、スマートフォンなどのモバイル機器における充電時の事故防止の啓発を図るため、安全充電啓発ロゴ・キャッチフレーズを新設しました。

充電中に充電端子が焼損する事例が発生していることを受けて新設したもので、各社のカタログやポスター、スマートフォンの取扱説明書などに掲載して啓発していく予定です。

濡れや異物に注意

また、携帯電話各社は公式ホームページにて安全充電啓発に関する説明文章・動画などを掲載し、注意を促しています。

特に、高温の場所で使用・保管・放置、分解・改造・ハンダ付けをしない、濡らさない、電池パックやアダプタ(充電器)は指定のものを使う、電子レンジに入れない、等です。詳しくは各社ホームページでご確認ください。

⇒ドコモ:https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/safety/caution/
⇒au:http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/forestalling/safety/caution/
⇒SoftBank:http://www.softbank.jp/mobile/support/protect/attention/
⇒Y!mobile:http://www.ymobile.jp/support/relief/battery/

焼損事故多発

150530_mcpc_battery_03

国民生活センターや製品評価技術基盤機構によると、充電器や充電端子による焼損事故が相次いでいるとのことです。発煙・発熱・発火・やけどの被害があり、なかには火災につながる事例もあったそうです。

スマートフォンを充電する際は充電端子の取り扱いに注意し、異常を感じた場合は直ちに充電を中止、また、スマートフォンを使用する際や充電する際は長時間肌に密着させないように注意するなどのアドバイスを掲載しています。

スマートフォンの充電端子の焼損や本体の発熱に注意-なかにはやけどを負った事例も-(発表情報)_国民生活センター
スマートフォン等の充電用コネクターによる事故の防止について(注意喚起) | 製品安全 | 製品評価技術基盤機構

関連リンク

報道発表資料 : スマートフォンなどのモバイル機器における安全充電啓発ロゴ・キャッチフレーズの新設について | お知らせ | NTTドコモ

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。