NifMo、7月から余った容量の繰り越しが可能に、8月からは3G専用端末にも対応

ニフティは、MVNOサービス「NifMo」のサービス強化として7月利用分から「データ繰り越し」を開始し、8月1日から3G専用端末に対応すると発表しました。

150615_nifmo_01

2015年7月利用分から、使い切れなかった当月の通信容量分を翌月末を期限として繰り越します。繰り越し最大容量は、使い切れなかった月のデータ通信プランの通信容量分です。プランを変更した場合は、変更前の通信容量の残量分が繰り越し対象となります。
ユーザーの手続きは不要で、自動適用されます。

また、2015年8月1日からは3G専用端末にも対応します。3G専用のAPN設定を行うことでNifMoが利用可能になります。

関連リンク

NifMo
「NifMo」、7月利用分から「データ繰り越し」を開始、8月から3G専用端末に対応 |ニュースリリース|ニフティ株式会社:ニフティとなら、きっとかなう。With Us, You Can.

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。