マウスコンピューター、SIMフリーWindows Phone「MADOSMA」の販売を開始

150620_madosma_q501_01

株式会社マウスコンピューターは、Windows Phone 8.1 Updateを搭載したスマートフォン「MADOSMA(マドスマ) Q501」の販売を6月18日より開始しました。日本国内用のSIMフリー端末で、価格はオープン価格ですが、同社オンライン通販楽天市場店の価格は33,800円(税込)です。

「MADOSMA Q501」はパソコンでは馴染み深いWindows OSを採用したスマートフォンで、Microsoftのアカウントを使うことにより、パソコンやタブレットと連携してシームレスに利用できます。

Microsoftのクラウドストレージ「OneDrive」にデータを保存すれば、Officeソフトのデータ共有も簡単に行なえます。

MADOSMA Q501
本体サイズ142.8*70.4*8.4mm
重量125g
画面サイズ5.0インチ
画面解像度1280*720
OSWindows Phone 8.1 Update
CPU/プロセッサMSM8916(クアッドコア/1.2GHz)
RAM1GB
ROM8GB
メモリーカードmicroSD(最大64GB)
※16GB同梱
アウトカメラ(背面)800万画素
インカメラ200万画素
バッテリー容量2,300mAh(着脱可)
モバイル通信4G LTE/3G W-CDMA
対応周波数3G:Band1・Band8・Band19(Band6を含む)
4G:Band1・Band3・Band19/CAT4

⇒周波数について詳しくはこちら

SIMカードmicroSIM
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n 対応
BluetoothBluetooth V4.0(EDR / A2DP対応)
GPSGPS/A-GPS
センサー近接/光/加速度センサー/電子コンパス
カラーパールホワイト
※ブラックは法人専用
発売日2015年6月18日

関連リンク

<窓>とあなたが、もっとつながる。 Windows OS搭載スマートフォン「MADOSMA」 | マウスコンピューター

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。