2015年3月末のMVNO市場調査、日本通信とビックローブのシェアが逆転

MM総研は、2015年3月末の国内MVNO市場規模の推移を発表しました。

契約回線数が1年間で倍増

150620_mvno_research_01

MVNOサービスの総契約回線数は、2015年3月末時点で3,045万回線でした。2014年3月末(1,480万回線)から105.7%増加しています。

2013年3月末に初めて1,000万回線を突破してから急速に市場が拡大し、今後も順調に伸長していくことが予想されます。

回線種別ではBWAが最多

150620_mvno_research_02

最近のスマートフォンに搭載されている「WiMAX 2+」や「SoftBank 4G」(AXGP)も「MVNO」扱いになっています。

2015年3月末時点の契約回線数を回線種別に分類すると、携帯電話(3G/LTE)が1,135万(シェア37.3%)、BWA(WiMAX・AXGP)が1,892万(同62.1%)、PHSが18万(同0.6%)でした。

2014年3月末は携帯電話が730万(49.3%)、BWAが726万(49.1%)と携帯電話が僅かに上回っていましたが、2015年3月末時点では逆転しました。

これは、Wireless City Planningがソフトバンク向けに提供する「SoftBank 4G」(AXGP)が引き続き回線数を伸ばしたほか、KDDI(au)が2014年夏モデルからWiMAX 2+対応スマートフォンの販売を開始したことから、BWAがこの1年間で大きく契約数を伸ばしました。

独自サービス型SIMは326万

150620_mvno_research_03

「低価格SIM」を含む「独自サービス型SIM」の回線数は、2015年3月末時点で326万回線でした。2014年3月末時点の173万回線から1年間で88.4%増加しています。

普及阻害要因である「サービス認知度の低さ」「端末調達ハードルの高さ」「購入チャネルの少なさ」「サポートの弱さ」が改善されつつあり、今後さらなる普及が期待されます。

また、訪日外国人の増加に伴い、プリペイドSIMの販売数も増加しています。

上位4社が引き続き過半数のシェア

150620_mvno_research_04

2015年3月末時点の事業者別シェアは次の通りです(MM総研調査による推計値)。
1位:NTTコミュニケーションズ(OCN)22.6%(73.8万回線)
2位:インターネットイニシアティブ(IIJ)16.4%(53.6万回線)
3位:ビックローブ 7.1%(23.3万回線)
4位:日本通信 5.3%(17.2万回線)

この上位4社のシェア合計は、2014年3月末に引き続き過半数のシェアを維持しています。また、2014年3月末時点と比べ、ビックローブと日本通信が順位を入れ替えています。

関連リンク

国内MVNO 市場規模の推移(2015 年3 月末) – 株式会社 MM総研

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。