au系MVNO+iOS 8でデータ通信が可能に?IIJが検証結果を公開、mineoも動作確認テストを実施

インターネットイニシアティブ(IIJ)が7月13日に公開した「てくろぐ」において、au LTE網を使ったMVNOサービスでiPhone・iPadを使ったデータ通信ができたことを報告しています。

従来、KDDI au LTE網を使ったMVNOサービスのSIMカードでは、iPhone・iPadは一切通信ができませんでした。IIJが提供する法人向けのMVNOサービスに同じパラメータを追加したAPN構成プロファイルを適用したところ、iPhone・iPadでもデータ通信ができるようになりました。

IIJが提供しているKDDI au LTE網のMVNOサービスはデータ通信のみで、音声通話機能はありません。試しに、他のKDDI au LTE網を使ったMVNOサービスのSIMで実験したところ、同じパラメータを追加することで3Gでの音声通話が利用可能でした。ただし、データ通信があまり安定しないようです。MVNOによる挙動の違いがあるのかもしれません。

てくろぐ: APN構成プロファイルの変更でiPhone・iPadの通信が安定?

より一部抜粋

昨年から配信されているiOS 8ではau LTE網を利用したKDDI系のMVNOでデータ通信ができなくなりました。mineoはKDDIやAppleに問い合わせているものの原因が分からず、対応を断念していました。
参照:auのMVNO「mineo」がiOS 8.1でも利用できず iOS 8系への対応を断念

そんななか、同じくau LTE網を利用したMVNOを法人向けに提供しているIIJが調査・検証した結果、APNの構成プロファイルにパラメータを追加したことでau LTE網を利用したMVNO SIMでもiOS 8でデータ通信が利用可能になったとのことです。

mineo「サービスとして快適に利用できる状況ではない」

これを受けmineoは「マイネ王」を更新し、APN構成プロファイルを変更して動作確認テストを実施したと発表しました。

結果

テスト(後述)において、一部の端末にてデータ通信が安定しない端末が存在し、サービスとして快適にご利用頂ける状況ではありません。

不安定な状況とは

データ通信が確立し、ブラウザ等により外部への接続が確認できるものの、数分で「データ通信機能を起動できませんでした」というポップアップにより、通信不可となることがあります。

iPhone・iPadのAPN構成プロファイルの変更による動作確認テストについて | 王国通信 | マイネ王

より一部抜粋

今後、他のiOS端末や、APN構成プロファイルの記載方法により、どのような動作になるか引き続きテストしていく予定とのことです。

動作確認テストの環境や経緯については、マイネ王で確認できます。

なお、KDDI系のMVNOでデータ通信が利用可能になるプロファイルは@factorymarkさんが公開しています。

関連リンク

てくろぐ: APN構成プロファイルの変更でiPhone・iPadの通信が安定?
iPhone・iPadのAPN構成プロファイルの変更による動作確認テストについて | 王国通信 | マイネ王

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。