「UQ WiMAX」と「UQ mobile」、2つの「UQ」サービス提供会社が10月1日に合併

150828_uq_and_uq_01

「UQ WiMAX」を提供するUQコミュニケーションズ株式会社と、「UQ mobile」を提供するKDDIバリューイネイブラー株式会社の両社は、2015年10月1日(予定)を効力発生日として合併すると発表しました。

UQコミュニケーションズは2009年2月より「UQ WiMAX」ブランドで高速モバイルデータ通信を提供し、KDDIバリューイネイブラーは「UQ」ブランドを借りて2014年12月よりau回線を利用したMVNOサービスを提供してきました。

どちらもKDDIグループではありますが、同じ「UQ」を使っていてもサービス内容や提供会社は別のもので、ユーザーの一部に混乱があったのは事実です。

今後、10月1日を効力発生日とし、UQコミュニケーションズを存続会社、KDDIバリューイネイブラーを消滅会社とする吸収合併方式で合併します。

なお、今後の具体的なサービス展開については、別途リリースするとのことです。

関連リンク

合併に関するお知らせ | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+
合併に関するお知らせ|2015年|KDDIバリューイネイブラー株式会社

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。