SIMフリースマホ「UPQ Phone A01」が技適未取得のまま出荷、総務省が指摘

150807_upq_phone_a01_03

株式会社UPQ(アップ・キュー)は、同社のSIMフリーAndroidスマートフォン「UPQ Phone A01」初期出荷分について、技術基準適合認定(いわゆる「技適マーク」)を未取得のまま出荷していたことが判明しました。電波法上、使用できない製品のため、全回収されます。

当初は「誤記」と案内

9月25日に発表した最初のプレスリリースでは、技術基準適合認定の表記に誤りがあると案内していました。具体的には、下段の認証番号が本来は「AD」から始まるところ、「D」と表記されてしまっているものです。

150926_upq_phone_a01_02

この時点では「技術基準適合認定は取得している」と発表していました。

認証を取得した商品は正しい表記を行なわなければ適合表示無線設備とならず、電波法上も使用できない製品となるため、初期出荷分を全て回収したうえで正しい表記に修正して返送するとしました。

未取得であると総務省から指摘

その後、25日夜に発表されたプレスリリースでは、技適マークを未取得のまま出荷していたことが判明しました。

25日に総務省総合通信基盤局より「電気通信事業法及び電波法に関する認証」が未発行であるとの指摘を受け、製造工場や認証取得代理会社に事実関係を確認した結果、正式な認証を前にして製造工場が出荷していたということです。

UPQは「本来であれば弊社が認証を確認・精査すべき立場であり、この確認を怠りましたことが要因」としています。

UPQ Phone A01は、最初の案内の通り初期出荷分を全て回収し、正式な認証を受け、正しい番号を記載したうえで返送されます。対象ユーザーには返送キットが送られてきます。

関連リンク

「UPQ Phone A01」初期出荷分回収のお願い | 株式会社UPQ(アップ・キュー)
「『UPQ Phone A01』初期出荷分回収のお願い」に関する訂正について | 株式会社UPQ(アップ・キュー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。