【レビュー】ホントに爆速?「FREETEL SIM」の登録方法、速度測定結果

0006231_01

プラスワン・マーケティング株式会社のSIMカード「FREETEL SIM」を契約しました。「FREETEL SIM」は従来の「フリモバ」に代わって今年7月から始まったサービスで、月額299円から上限の2,470円(10GB)まで、段階制になっているのが特徴です。

10月末までは「爆速体感キャンペーン」として月額299円で10GBまで高速通信が利用できます。
10GBまで299円、FREETELが「爆速体感キャンペーン」実施 | MVNO&格安SIMインフォ

FREETEL SIMとは

料金についてもう少し詳しく説明すると、毎月の料金は決まっておらず、使った分だけ支払うシステムです。

※税別データ通信専用データ通信+SMSデータ通信+音声通話
(含SMS)
〜100MB299円439円999円
〜1GB499円639円1,199円
〜3GB900円1,040円1,600円
〜5GB1,520円1,680円2,220円
〜8GB2,140円2,280円2,840円
〜10GB(上限)2,470円2,610円3,170円

例えばデータ通信専用SIMの場合、メールチェックしたくらいで今月は80GBしか使わなかった、という場合は請求額は299円です。

たまに動画を見て2GBくらい使った、という場合の請求額は900円です。

定額制の動画配信や音楽配信サービスなどで10GBまでガンガン使ったという場合は2,470円です。

151003_freetel_for_iphone_02

月間10GBまでは速度制限はありませんが、10GBを超えた場合は最大200kbpsまで制限されます。そのため、上記の金額以上は請求されません(通話料やオプション料金などは別途請求されます)。

通信速度を高速/低速で切り替えできる「節約モード」(低速時はデータ通信量をカウントしない)も用意されているため、毎月◯GBまでの料金で抑えたいといった方にも最適です。

登録方法、使い方

まずはSIMカード(パッケージ)を入手します。FREETEL eSHOPのほか、Amazon.co.jpなどのネット通販、ヨドバシカメラ、ビックカメラなど家電量販店でも購入できます。

0006231_07

SIMカードには「データ通信専用」(ブルー)、「データ+SMS」(グリーン)、「音声機能付き」(パープル)の3種類、それぞれSIMカードは3サイズ(標準、micro、nano)で、計9種類あります。用途に合わせて選択してください。

SIMカード(パッケージ)を入手した後の登録手続き方法(データ通信専用SIM)です。なお、FREETEL eSHOPで購入した場合、この手続きは不要です。

0006231_02

▲まずは「SIMパッケージご利用登録ページ」にアクセスします。FREETELの会員IDを持っている場合と持っていない場合でフローが若干異なります。

0006231_03

▲会員IDを持っていても、持っていなくても、まずはSIMカードの種類(パッケージ)を選択します。

0006231_04

▲会員IDを持っている場合は、ログインをします。

0006231_05

▲ログイン後、支払い情報(クレジットカード)、SIMカードの製造番号・電話番号を入力します。会員IDを持っていない場合は、ここで同時に会員登録を行います。

0006231_06

▲これで手続きは終了です。

※音声機能付きSIMの場合は本人確認書類のアップロードが必要です。本人確認の審査後、SIMが発送されます。

データ通信SIMの場合、手続き終了後、数分でサービス開始のメールが送られてきます。あとは端末にAPNを設定するだけですが、このメールを受信した後でなければ、通信はできません。

APN設定方法はこちら(Android/iPhone)
接続方法について(APN設定)|FREETEL SIM

速度測定してみる

利用開始後、さっそく速度測定してみました。10月4日(日)19時頃、東京都世田谷区内で測定したものです。

測定端末:MR04LN→(Wi-Fi)→SO-02G
測定アプリ:Ookla Speedtest

下り 上り Ping
1.13Mbps 1.13Mbps 83ms
1.04Mbps 1.04Mbps 81ms
0.75Mbps 0.75Mbps 182ms

下り/上りともに1Mbps台までの速度で、現時点では「爆速」には程遠い結果と言えます。急行停車駅の駅前で測定したものですが、それほど混み合っているというわけではありませんでした。

FREETEL SIMは各メディアやブログ記事などの速度測定でも比較的速度が出ている印象でしたが、やはり「爆速体感キャンペーン」が始まったことでユーザーが増えたのでしょうか。

翌5日(月)の19時頃、同じ場所で測定しました。

下り 上り Ping
4.58Mbps 3.06Mbps 45ms
4.81Mbps 4.85Mbps 54ms
4.92Mbps 5.71Mbps 46ms

速度ももPing値も前日より改善しました。この速度でも「爆速」とは言えませんが、安定して4Mbpsくらいの速度が出てくれるとスムーズに通信できます。

通信速度の測定は測定時の環境などにさまざまな要因に結果が左右されます。今回の測定結果だけを見て善し悪しの判断はできないので、今後も速度測定して記事にしたいと思います。

関連リンク

FREETEL
爆速体感キャンペーン | FREETEL

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。