新しいマルチメディア放送「i-dio」来春放送開始、対応端末のSIMロックフリースマホ「i-dio Phone」は年内に発売

151015_i-dio_02

エフエム東京(TOKYO FM)などが設立したBIC株式会社と、株式会社VIP、東京マルチメディア放送の3社は、V-Lowマルチメディア放送「i-dio(アイディオ)」を2016年3月から東京・大阪・福岡でサービスイン(放送開始)すると発表しました。
あわせて、「i-dio」対応のAndroidスマートフォン「i-dio Phone」を年内に発売すると発表しました。

「i-dio Phone」の概要

151015_i-dio_03

i-dioの市販第1号受信機である「i-dio Phone」は、コヴィア製のAndroid SIMロックフリースマートフォンです。i-dioのほか、地上デジタル放送、FMラジオにも対応します。

ネットワークはNTTドコモのFOMA/FOMAプラスエリア(Band 1/6)、docomo LTE(Band 1/3/19/21)に対応します。

発売日や価格は後日改めて発表される予定です。

i-dio Phone
サイズ約143.7*71.5*10.6mm
重量約158g
OSAndroid 5.1
ディスプレイ5.0インチ IPS
HD(1280*720)
CPUクアッドコア 1.2GHz
メモリ(RAM)2GB
内部ストレージ16GB
外部ストレージmicroSDカード
(SDHC対応)
バッテリー3,000mAh
(交換可能)
カメラ800万画素/200万画素
BluetoothBluetooth 4.0対応
Wi-FiIEEE802.11b/g/n準拠(2.4GHz)
周波数LTE:Band 1/3/19/21
3G:Band 1/6
SIMカードmicro SIMスロット×1
放送i-dio/地デジ/FMラジオ

151015_i-dio_04

「i-dio」とは

「i-dio」とは、TOKYO FM/JFN 他各社が推進する新放送サービスです。地上アナログ放送がデジタル化した電波の「跡地」を使い、主に移動体端末(スマートフォンやカーナビ等)に向けて送る新しいマルチメディア放送です。

特徴は以下の3点です。

  1. 「携帯性・移動性」…携帯端末や車載型の受信機で移動しながら情報を入手できる
  2. 「放送=一斉同報性」…通信と異なり、輻輳ふくそうなく不特定多数に情報を提供できる
  3. 「通信的=IPデータキャスト」…映像、音響、データなど様々な情報を柔軟に組み合わせた従来に新しい形式の放送として、蓄積型放送などのサービスも可能になる

151015_i-dio_01

また、防災情報システム「V-Alert」も利用されます。緊急時や災害時に緊急情報を伝達できるほか、J-Alert(全国瞬時警報システム)やL-Alert(災害情報共有システム)、自治体のシステムと接続することで、自治体や公共機関からの緊急情報を遅延なく瞬時に一斉配信が可能です。エリアコードによって放送地域を限定することで、防災行政無線の代わりの伝達システムとしての利用も想定されます。

放送開始スケジュールは、以下の通りです。

  • 2016年3月:東京、大阪、福岡
  • 2016年度上期:会津、神奈川、静岡、名古屋、播磨、広島
  • 2016年度下期:関東、九州エリア拡大
  • 2017年度上期:仙台、福島
  • 2017年度下期:札幌、九州全域
  • 2019年7月まで:その他の都市

関連リンク

Android5.1(Lollipop)搭載SIMフリースマートフォン i-dio Phone | covia
i-dio 新放送サービス(※音楽付きの動画が再生します)
『V-Lowマルチメディア放送』 2016年3月、放送開始!コミュニケーションネームは「i-dio(アイディオ)」に決定!(※PDFファイル)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。