ソフトバンクが1.5GHz帯と1.7GHz帯での3Gサービスを終了、LTE転用へ

ソフトバンクは、1.5GHz帯と1.7GHz帯を利用した3Gサービスを順次終了すると発表しました。
終了後はLTEサービスとして利用されます。それに伴い、終了する料金プランや、影響が出る端末が発表されています。
なお、2.1GHz帯と900MHz帯の3Gは引き続きサービスが継続されます。

1.5GHz帯

2016年9月以降、関東地方の一部地域で下り最大通信速度が低速化され、2017年3月末に全国で3Gサービスを終了します。同年4月以降、LTEサービスを順次開始します。

1.7GHz帯

旧イー・モバイルが所有していた1.7GHz帯は、所有している15MHz幅のうち、10MHz幅をLTE、5MHz幅を3Gで使用しています。今後は15MHz幅すべてLTEで利用します。

3Gサービスは2018年1月末までに終了し、同年2月以降順次、LTEサービスを15MHz化していきます。

対象ユーザーは機種変更キャンペーン

1.5GHz帯/1.7GHz帯の3Gサービス終了に伴い、提供を終了する料金プランや、理教が出る端末(利用できなくなる、利用エリアが変更になる、最大通信速度が低下する)が発表されています。対象ユーザーに対し、無料交換プログラムや機種変更キャンペーンなどが実施される予定です。

下記ページから対象機種とキャンペーンを確認できます。
ソフトバンク
Y!mobile(ワイモバイル)

関連リンク

LTEサービスの拡大および一部の3Gサービス終了について | ソフトバンク株式会社

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。