mineo「フリータンク」の使い方

151217_mineo_freetank_01

mineoでは、余ったパケットを翌月に繰り越せる「くりこし」や、「パケットシェア」「パケットギフト」で家族や友人・知人と共有することができましたが、今月からはmineoユーザー全体で共有する「フリータンク」が始まりました。

「フリータンク」は有効期限が迫った余っているパケットをフリータンクに入れたり、逆に足りない場合はフリータンクから引き出すことができるサービスです。

詳細はこちら。
mineo、全ユーザーでパケットを共有できる「フリータンク」機能を発表 | MVNO&格安SIMインフォ

実際に使ってみたので、使い方を簡単に紹介します。

利用する前に

フリータタンク機能は、コミュニティサイト「マイネ王」内で利用できます。

利用するには、mineoの月額サービスで契約中のeoID(mineoマイページで利用)と、マイネ王のアカウントを連携させる必要があります。マイネ王のアカウントは無料で作成できます。

0007771_02

▲マイネ王に登録していない場合は会員登録を済ませ、マイネ王の画面上部にある「eoID連携」からeoIDでログイン(認証)します。

0007771_03

▲eoIDで認証後、複数の回線(電話番号)がある場合は、1つの回線を選びます。連携は1つの回線としかできません。別の回線と連携したい場合は、一度連携を解除する必要があります。

連携が完了すればフリータンク機能を利用できるようになります。

パケットを預ける

0007771_04

▲パケットの預け入れは、預け入れるパケット量とコメント(任意)を入力するだけです。

0007771_06

▲確認画面が表示されたあと、トップページの上部に「フリータンクにパケットが入りました」と表示されます。

0007771_07

▲今回は試しに500MBを入れてみました。残容量を確認すると、6,144MBから5,644MBへ500MB分減っています。

パケットの預け入れは、時期や回数に制限はありませんが、月に合計10GBまでです。

パケットを引き出す

0007771_08

▲パケットの引き出し方法は、預け入れるときとほぼ同じです。引き出したいパケット量とコメントを入力します。引き出す際は20文字以上のコメントを必ず入力する必要があります。

0007771_09

▲引き出したパケットが反映されるのは翌日です。すぐに使えるわけではありません。この点は注意が必要です。

パケットの引き出し可能な期間は毎月21日〜末日のみで、月に2回、合計1GBまでに制限されています。フリータンクから引き出したパケットは翌月末まで有効です。

なお、フリータンクから引き出した分はパケットギフトと同じ扱いになるため、パケットを消費する順番は(1)前月からの繰越分の基本データ容量(2)パケットギフト分(フリータンク含む)(3)当月の基本データ容量、となります(mineoサポートにて確認済み)。

0007771_10

▲残容量を確認してみると、「当月ギフト容量」に100MBが反映されていました。

キャンペーン実施中

パケットの使い方によって、どうしても使い切れない月があったり、逆に足りなくなる月もあると思います。そんなときはフリータンクを使ってみてはいかがでしょうか。

1月4日(月)12時までにフリータンクで1回以上預け入れると、スピーカーや活動量計などが当たるフリータンク開始記念プレゼントキャンペーンを実施中です。

0007771_05

▲履歴も表示されます。

関連リンク

mineo
フリータンクの使い方ガイド | マイネ王

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。