格安SIM利用者は11.5%、利用者トップ5はOCN・楽天・IIJ・BIGLOBE・mineo

MMD研究所が2016年3月の格安SIMサービスの利用動向調査の結果を発表しました。調査対象は15歳~69歳の男女35,061人をで、格安SIMを利用しているのは11.5%でした。

160319_mmd_research_01

利用していると回答した人(N=4,018)にメインで利用している格安SIMサービスを聞いた質問では、「OCN モバイル ONE」が16.4%でトップ、次いで「楽天モバイル」「IIJmio」「BIGLOBE SIM」「mineo」の順番となりました。

160319_mmd_research_02

契約プランは「音声プラン」が46.7%、「データプラン」が53.3%

利用者(N=4,018)がメインで利用している格安SIMサービスの契約プランは、音声通話プランが46.7%、データ通信プランが53.3%でした。

それぞれ契約しているサービス(事業者)も、音声とデータでは違いが見られます。契約を検討している方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

160319_mmd_research_03

メインで使っているデバイスはAndroidが最多

メインで利用している格安SIMを使っているデバイス(端末)は、Androidスマートフォン(52.7%)が最も多く、次いでiPhone(23.2%)、タブレット(13.4%)、モバイルルーター(9.4)%でした。

160319_mmd_research_04

160319_mmd_research_05

関連リンク

2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査|MMD研究所

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。