留守電をテキスト化して通知してくれる「スマート留守電」がサービス開始

ソースネクスト株式会社は、スマートフォンへの留守番電話をテキスト化する「スマート留守電」を5月23日より開始しました。価格はAndroid版が月額290円(税抜)、iOS版が月額360円(税込)です。

160524_smart_rusuden_01

「スマート留守電」は留守番電話のメッセージを自動的にテキスト化して通知してくれます。そのため、従来のようにサービスセンターに電話して聞く必要がないだけでなく、公共の場所で電話にでることができない場合でも、テキストでメッセージを確認できます。保存期間や件数の制限はありません。

なお、通話転送機能を利用するため、利用料とは別に転送元の回線で通話料が発生します。かけ放題プランに加入している場合は、通話料無料で転送機能を利用できます。

2016年5月現在、次の回線事業者で転送機能が利用できることが確認できています。
NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQ mobile、mineo(auプラン・ドコモプラン)、楽天モバイル、OCN モバイル ONE、DMMモバイル、BIGLOBE LTE・3G

お店や銀行など、電話帳に未登録の電話番号から着信した場合は、590万件の法人データと照合して相手の名称を表示してくれます。

また、「スマート留守電」で留守電を預かる端末は何台でも転送設定可能です。スマートフォンを複数台持っている場合や、固定電話の留守電メッセージも、アプリで読むことができます。

「スマート留守電」は、Google PlayやApp Storeで提供するほか、ヨドバシカメラなどの販売業者、イオンモバイルや楽天モバイルなどのMVNO事業者でも提供される予定です。

get_app_androidget_app_itunes

関連リンク

読める、聞ける、新しい留守番電話サービス「スマート留守電(スマ留守)」|ソースネクスト
次世代の留守番電話、留守電が“読める”アプリ「スマート留守電」5月23日(月)より新発売| ソースネクスト(プレスリリース)

(C)SOURCENEXT CORPORATION

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。