ZTEが2万円台前半の「BLADE V7 Lite」、1万円台半ばの「BLADE E01」を発表

ZTEジャパン株式会社は6月15日、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「ZTE BLADE V7 Lite」と「ZTE BLADE E01」を発表しました。本日より先行予約の受付を開始し、発売は7月中旬の予定です。

市場想定価格は、「BLADE V7 Lite」が21,800円(税別)、「BLADE E01」が14,800円(同)です。

ZTE BLADE V7 Lite

160615_zte_vlade_v7_lite_01
主な特長(プレスリリースより)

  • 使いやすい5インチHDスタンダードモデル
  • 安心安全の指紋認証センサーを普及価格で搭載
  • 世代、性別を問わずに満足できるボディフォルムとファッション性
  • スマートセンス、指紋センサーを用いた新しいユーザーインターフェース

ZTE BLADE E01

160615_zte_vlade_e1_02
主な特長(プレスリリースより)

  • 1万円台のお手ごろ価格を実現したエントリーモデル
  • クアッドコアCPU、2200mAhバッテリ搭載の充実の基本性能
  • スマイル検出、パノラマなど多彩なカメラ機能
  • パスワード、ロックパターンによる個人データ保護機能

両機種のスペック

BLADE V7 LiteBLADE E01
本体サイズ70.2*143.8*7.9mm71*142.5*7.8mm
重量135g155g
ディスプレイ5インチ5インチ
画面解像度1,280*720(HD)1,280*720(HD)
OSAndroid 6.0Android 5.1
CPU・プロセッサ64bit 1.0GHz
クアッドコア
MT6735P
64bit 1.0GHz
クアッドコア
MT6735P
RAM2GB1GB
ROM16GB8GB
メモリーカードmicroSD(最大32GB)microSD(最大32GB)
アウトカメラ
(背面)
800万画素800万画素
インカメラ
(前面)
800万画素500万画素
バッテリー容量2,500mAh2,200mAh
対応周波数
(FDD-LTE)
B1/3/5/8/19B1/3/8/19
対応周波数
(3G/W-CDMA)
B1/6/8/19B1/6/8/19
対応周波数
(GSM)
850/900/1800/1900MHz850/900/1800/1900MHz
SIMカードスロット1:nano SIM
スロット2:microSDまたはnanoSIM
スロット1:nano SIM
スロット2:microSDまたはnanoSIM
Wi-Fi802.11b/g/n802.11b/g/n
Bluetoothversion 4.0version 4.0
センサーGPS/ASPS
指紋
加速度
ホール
コンパス
照度
近接
GPS/AGPS
加速度
コンパス
照度
近接
生体認証指紋認証
本体カラーシルバー
グレー
ホワイト
ブラック
その他FMラジオ
市場想定価格(税別)21,800円14,800円

関連リンク

SIMロックフリースマートフォン2モデルを同時発表
指紋認証センサー搭載のスタンダードモデル「ZTE BLADE V7 Lite」、1万円台のエントリーモデル「ZTE BLADE E01」を7月中旬より発売 – ZTE Japan

Blade V7lite | SIMフリースマートフォン | ZTE(製品情報)
Blade E01 | SIMフリースマートフォン | ZTE(製品情報)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。