楽天モバイル、通話・通信・端末料金がセットで月額1,880円からの「コミコミプラン」を提供

楽天株式会社は、同社のMVNOサービス「楽天モバイル」において、通信と通話、端末の料金がセットになった「コミコミプラン」を発表しました。また、「あんしんリモートサポート」、留守電の内容をテキスト化してくれる「スマート留守電」などのサービスも発表しました。

「コミコミプラン」

「コミコミプラン」は、「5分かけ放題オプション」とデータ通信、対象端末の料金がセットになったもので、月額1,880円(税別)から提供します。端末ごとに、「S」「M」「L」の3種類があります。

高速データ通信 端末 月額料金(税別)
コミコミプランS 2GB/月 ZTE BLADE E01 1年目:1,880円
2年目:2,980円
3年目以降:2,446円
コミコミプランM 2GB/月 HUAWEI P9 lite 1年目:2,480円
2年目:3,480円
3年目以降:2,230円
コミコミプランL 4GB/月 arrows M03 1年目:2,980円
2年目:3,980円
3年目以降:2,613円

なお、事務手数料やユニバーサルサービス料、「5分かけ放題オプション」以外のオプション料金、「楽天でんわ」を使わない場合の通話料、「楽天でんわ」を使用した通話が5分を超えた場合の通話料は、「コミコミプラン」の料金に含まれません。

「コミコミプラン」の最低利用期間は24ヶ月です。それ未満の解約は違約金12,000円が発生します。「コミコミプラン」に含まれる「5分かけ放題オプション」を24ヶ月未満に解約し、引き続き「楽天モバイル」を使う場合でも、「5分かけ放題オプション」を解約した時点で違約金12,000円がかかります。

「コミコミプランS」「コミコミプランM」は2016年7月1日(金)から受付を開始、「コミコミプランL」2016年7月1日(金)から予約受付を開始します。

「あんしんリモートサポート」

「あんしんリモートサポート」は、スマートフォンの設定や操作をはじめ、楽天モバイルだけでなくあらゆるスマートデバイスの使い方に困ったとき、プロのアドバイザーと一緒に問題を解決できるサービスです。

専用のアプリからコールセンターへフリーダイヤルで発信できるほか、アプリ上のチャットから簡単にやりとりができます。2016年7月下旬にサービスを開始予定です。

  • 料金:月額500円(税別)、オプションサービス「端末補償」とセットの場合は月額800円(税別)
  • サポート対象端末:スマートフォン、PC、タブレット、その他のスマートデバイス(キャリア、メーカー、OSを問わず、楽天モバイルSIMを使用しない端末も対象)
  • サポート対象範囲:設定、使い方、トラブルシューティング、購入前の相談、お役立ち情報など

「スマート留守電」

「スマート留守電」は、音声をテキスト化(文字に変換)して伝言メッセージを表示することができるサービスです。電車内や会議中などでも、留守電の内容を文字で確認することができます。2016年7月下旬にサービス開始予定です。

  • 料金:月額290円(税別)
  • 対象OS:Android 4.1以上/iOS9以上

詳細 留守電をテキスト化して通知してくれる「スマート留守電」がサービス開始ォ

関連リンク

楽天モバイル
楽天株式会社:  楽天モバイル、通信と通話、端末料金がセットの「コミコミプラン」などサービスを拡充 | ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。