「Pokémon GO」配信開始でMVNOにも影響、IIJ「特定アプリ配信に伴い通信品質が悪化」【追記あり】

世界中で話題になっている「Pokémon GO」の配信が日本でも始まりました。これにより、MVNOにも通信品質の悪化や混雑などの影響が出ているようです。

現在、公式サイトや公式SNSなどで発表しているのを確認できているのは「IIJ」と「NifMo」の2社ですが、他のMVNO事業者も同じだと思われます。

※IIJは「Pokémon GO」と名指しはしていません。

参考 IIJmio:特定アプリケーションの配信に伴う通信品質の悪化について

両社とも設備増強を行って改善するとしていますが、ブームが落ち着くまで当面は影響が出そうです。

「Pokémon GO」のダウンロードはこちら。
get_app_androidget_app_itunes

【追記】

IIJは7月23日、金曜日(22日)に発生した通信の混雑は、アプリのダウンロード殺到にともなうものであることが考えられると公式Twitterにて発表しています。土曜日(23日)は平常よりも通信量が多いものの、通信品質には問題ないとのことです。

関連リンク

IIJmio:特定アプリケーションの配信に伴う通信品質の悪化について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。