「お客様にとって公平ではない」IIJは特定アプリの通信量を無料化しない方針

今週後半は「Pokémon GO」の話題でもちきりで、MVNOの中でもDTIやFREETELが「Pokémon GO」の通信量を無料化(カウントフリー)するなどの動きを見せています。

過去記事 「Pokémon GO」の通信量は1年間ノーカウント、DTI SIMに新プラン
過去記事 FREETEL SIMが「Pokémon GO」のパケット料金を8月下旬以降に無料化、既存ユーザーも対象

これに関してIIJは、公式Twitterアカウントにおいて、ユーザーからの質問に答える形式で、特定のアプリに関する通信量の無料化はしない方針であることを表明しました。

OCN モバイル ONEやmineoは、「050 Plus」や「ララコール」などの自社サービスも限ってカウントフリーを提供しているほか、前述のFREETELは、TwitterやFacebook、iTunesなどをカウントフリーで提供しています。

また、この夏にサービスを開始する予定のLINEモバイルは、自社サービスの「LINE」のほか、TwitterやFacebookなどのサービスをカウントフリーで提供することを表明しています。

過去記事 LINEが今夏にMVNOサービス「LINEモバイル」開始へ、LINE・Facebook・Twitterの通信量はノーカウント | MVNO&格安SIMインフォ

関連リンク

IIJmio

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。