「荷受代行」「荷物転送」のアルバイトで携帯電話を不正契約、関係機関が注意喚起

「送られてきた荷物を指定された場所に転送するだけで報酬がもらえるアルバイト」に応募するために身分証明書の画像を送ったところ、知らない間に自分名義で携帯電話が契約されたという事案が多数発生しているそうです。

不正に取得した身分証明書によって契約された携帯電話が犯罪に使用される可能性もあることから、日本インターネットプロバイダー協会やテレコムサービス協会MVNO委員会は、こういった「荷受代行」や「荷物転送」のアルバイトは絶対に応募しないよう注意を呼びかけています。

3,000円の報酬が取り返しのつかない事態に…

手口としては、アルバイトを募集した何者かが、応募した人の身分証明書の画像や個人情報を使い、携帯電話(MVNO)サービスを契約し、スマートフォンを購入していると考えられます。

アルバイト応募者にもとにはスマートフォンの端末が入った荷物がMVNO事業者から届き、この荷物を指定された住所に転送することで、アルバイトを行ったことになります。

報酬は1回3,000円や5,000円とのことです。

160805_kokusen_01
国民生活センターより)

アルバイト応募者が自身で申し込みを行っていなくても、アルバイト応募者は携帯電話(回線)の名義人となり契約者とみなされてしまいます。

この回線がオレオレ詐欺などの犯罪に使われると、警察による捜査の対象となってしまいます。また、スマートフォン端末を無断で譲渡すると、携帯電話不正利用防止法に基づき、2年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処せれられる可能性もあるとのことです。

さらに、端末代金や利用料、解約の際の違約金などがアルバイト応募者が請求され、それらを支払わない場合、民事訴訟で訴えられるほか、携帯電話会社による不払者情報のデータベース(いわゆるブラックリスト)に登録されてしまい、他の携帯電話会社と契約ができなくなる恐れがあります。

このほか、報酬の振込先として銀行口座の情報を提供させられ、気づかない間にクレジットカードが不正に作られて悪用されてしまう場合もあるそうです。

国民生活センターも、こういったアルバイトは絶対に応募せず、また、運転免許証や健康保険証、銀行口座などの個人情報を安易に伝えないよう注意を呼びかけています。

関連リンク

「荷受代行」・「荷物転送」アルバイトにご注意ください! | JAIPA – 一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会
「荷受代行」・「荷物転送」アルバイトにご注意ください。 | 一般社団法人テレコムサービス協会
「荷受代行」・「荷物転送」アルバイトにご注意!(速報)(発表情報)_国民生活センター

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。