日本通信とU-NEXTが協業、日本通信の個人向け格安SIMサービスはU-NEXTに引き継ぎへ

日本通信は8月10日、U-mobileを運営するU-NEXTと個人向け格安SIM事業(MVNO事業)を共同で取り組むことで基本合意し、協議を進めることで合意したと発表しました。

リリース文によると、U-NEXTがMVNO、日本通信がMVNEとして両社が協力してMVNOサービスを提供を行い、これまで日本通信がMVNOとして提供してきた個人向けのサービスは、U-NEXTに引き継ぎます。

具体的なサービス内容や変更事項については、詳細が決定次第、順次発表されます。

MVNEとは、Mobile Virtual Network Enablerの略で、MVNOのノウハウを持っていないMVNO事業者を支援するための事業者です。MVNEを公開していないMVNOもありますが、有名なところでは、DMMモバイルのMVNEはIIJが担当しています。

関連リンク

日本通信、U-NEXTと個人向けSIM事業で協業 | 日本通信株式会社
U-NEXT、日本通信と協業し 個人向けMVNO事業を運営(※PDFファイル)

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。