IIJが2017年度に国内初の「フルMVNO」サービス提供へ、加入者管理機能を自社で運用

インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月30日、NTTドコモに対し、データ通信役務に係る加入者管理機能(HLR/HSS)連携に関する申し込みを完了し、承諾書を受領したことを発表しました。同社は、2017年度にも国内初の「フルMVNO」の商用サービス開始を目指す予定です。

HLR/HSS:Home Location Register/Home Subscriber Serverの略。SIMカードに紐付けられているユーザ情報を管理するデータベースのこと。

HLR/HSSを自社で運用することで、MNO(NTTドコモなど大手キャリア)の設備への依存度が高い従来のMVNO(ライトMVNO)と比べ、より自由なサービス設計が行えるようになります。

例えば、組込型SIMの提供(eSIM)や、課金・開通管理などを自由にコントロールできるサービスの開発が可能となり、海外のMNO/MVNOと連携した海外ローミングサービス、eSIMや耐振動性・耐候性を備えたSIMカードの提供、機器の製造ラインでSIMカードを組み込み、出荷後、必要なときに通信サービスを開通させる、などといったサービスが実現できるとしています。

160830_iij_fullmvno_01

今回の件についてIIJエンジニアの堂前清隆氏は、個人向けスマホだけでなく、IoTなどワイヤレスネットワークの新しい用途を開拓するための取り組みであるとしています。

関連リンク

IIJmio
MVNO事業の強化に向けた「フルMVNO」への取り組みについて | 2016年 | IIJ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。