LINEモバイルがサービスの詳細を発表、月額500円のLINEフリープランと月額1,100円からの2種類

160905_line_mobile_01

LINEの100%子会社のLINEモバイルは、モバイル通信サービス「LINEモバイル」の詳細を発表しました。

料金プランは「LINEフリー」プランと「コミュニケーションフリー」プランの2つで、両プランともLINEの音声通話やトーク、タイムラインなどのデータ通信量はカウントしない「カウントフリー」となっています。

本日9月5日(月)14時から2万件で先行申込受付を開始し、10月1日から本格受付を開始します。

なお、申し込みはLINEのウェブサイトからのみで、店舗などで申し込み受付は実施していません。

「LINEフリー」プラン

160905_line_mobile_07
「LINEフリー」プランは、月額500円でLINEの音声通話、トーク、画像や動画の送受信、タイムラインはカウントフリーです。

データ通信 データ通信+SMS データ通信+音声通話
1GB 500円 620円 1,200円

「LINE」の利用におけるカウントフリー対象は以下の通りです。

トーク機能

  • テキストおよび音声メッセージの送受信
  • スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信
  • 無料通話、ビデオ通話

タイムライン機能

  • 画面閲覧、投稿(画像、動画含みます)

その他

  • スタンプ、着せ替えのダウンロード
  • アカウント設定に関わる利用
  • 友だち一覧画面の表示、友だち追加
  • 「その他」画面の表示

※LINEアプリ経由で友だちから共有された外部リンクへの接続、LINEアプリ内でもLINEトーク画面などに配信されるライブストリーミング動画(LINE LIVE機能)の利用及びLINE株式会社が提供する「LINE」アプリ以外のアプリサービスのご利用は、カウントフリー対象ではありません。

「コミュニケーションフリー」プラン

160905_line_mobile_08
「コミュニケーションフリー」プランは、LINEに加え、Twitter(タイムライン、ホーム・ニュース・通知、メッセージ機能・プロフィール編集)、Facebook(タイムライン・ニュースフィードの投稿、リクエスト・お知らせ・その他の画面表示、プロフィール編集)がカウントフリーとなります。

料金は3GB/5GB/7GB/10GBの4コースです。

データ通信+SMS データ通信+音声通話
3GB 1,100円 1,690円
5GB 1,640円 2,200円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

「Twitter」「Facebook」の利用におけるカウントフリー対象は以下の通りです。

Twitter

  • タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含みます)
  • 「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
  • メッセージ機能の利用
  • プロフィール編集

Facebook

  • タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含みます)
  • 「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
  • プロフィール編集

※Facebook Live(Facebook上でのライブストリーミング動画)、Facebookが提供するMessengerおよびTwitterのライブストリーミング動画(Periscope)の利用に伴い発生するデータ通信量は、カウントフリーの対象外となります。また、外部リンクへの接続はカウントフリーの対象外となります。

両プラン共通

音声通話プランのみ最低利用期間(利用開始月の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで)があり、期間内の解約は手数料9,800円が発生します。

NTTドコモのネットワーク(MVNEはNTTコミュニケーションズ)、最大通信速度(理論値)は下り375Mbps/上り50Mbps、低速通信時の速度は200kbpsです。3日間での通信量制限はありません。

また、LINEにおける年齢認証やID検索が可能(18歳以上、全プランで本人確認実施)なほか、データ通信SIMでもSMS認証やFacebook認証なしでLINEアカウントの作成が可能です。

従来のMVNOでは基本的に年齢認証やID検索ができませんが、LINE自らがMVNOになることで、LINEモバイルでは可能になりました。

160905_line_mobile_03

データ使用量はマイページのほか、公式アカウントから確認することが可能で、LINE PayやLINEポイントとの連携(月額基本利用料金の1%をLINEポイント還元)もあります。

このほか、データ容量の追加、データ容量の翌月繰り越し、LINE友だちへのデータ容量プレゼントなどが可能です。

また、フィルタリングサービス(無償提供)、転送電話、留守番電話、割込通話、国際通話・国際ローミングなども提供されます。

なお、料金の支払はクレジットカードまたはLINE Pay(クレジットカード登録が必要)の2種類となっており、クレジットカード無しで利用することはできません。

端末セット販売も実施

160905_line_mobile_04

LINEモバイルでは、SIM単体の販売するほか、端末とのセット販売も行います(一括払いのみ)。

  • シャープ AQUOS mini SH-M03(49,800円)
  • 富士通 arrows M03(32,800円)
  • 富士通 arrows M02(29,800円)
  • ファーウェイ HUAWEI P9 lite(28,800円)
  • ZTE Blade V7 lite(22,800円)
  • ASUS ZenFone Go(19,800円)
  • ZTE BLADE E01(13,800円)
  • ASUS ZenPad 7.0(23,800円)

申し込み時に明確な個別同意

160905_line_mobile_05b
「カウントフリー」を実現するためにユーザーの通信の中身をチェックすることになりますが、この点はMVNEであるNTTコミュニケーションズが、IPアドレスやポート番号、パケット内容のうちヘッダの一部を機械的・自動的に確認します。

LINEモバイルの契約時に個別の同意が必要で、利用規約での包括的同意にはしないとのことです。

今回は「LINEモバイル 1.0」

160905_line_mobile_06
今回発表された内容は「LINEモバイル 1.0」で、今後はLINEミュージックと組み合わせたサービスの展開もあるようです。

関連リンク

LINEモバイル
【LINEモバイル】MVNO事業「LINEモバイル」販売開始 | LINE Corporation | ニュース
LINEモバイルが初めて提供するプランって? : LINE MOBILE 公式ブログ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。