ソフトバンクが「5G Project」を発表、世界初「Massive MIMO」の商用サービスを開始

160908_5g_project_03
ソフトバンクとWireless City Planningは9月8日、第5世代移動通信システム(「5G」)導入に向け、さまざまな最新技術をいち早く提供する「5G Project」を開始すると発表しました。

その第1弾として、5Gの有力な要素技術の一つである「Massive MIMO」(マッシブマイモ=空間多重技術)の商用サービスを世界で初めて提供します。

「Massive MIMO」は、大量のアンテナとビームフォーミングなどの技術により一人一人に専用の電波を割り当てることで、通信速度が遅くなりがちな駅や繁華街でも快適なモバイル通信を実現する技術です。

提供開始日は「iPhone 7/7 Plus」の発売日でもある2016年9月16日(金)です。全国都市部100局から開始予定で、提供エリアは開始日に公開される予定です。

対象端末はSoftBankの「SoftBank 4G」およびY!mobileの4G(AXGP)対応端末で、既に発売しているものも含みます。

※「SoftBank 4G」と「SoftBank 4G LTE」は異なるサービス(技術)です。

160908_5g_project_01
都心部では基地局同士の間隔が10〜50mという過密状態で、電波干渉の問題も含め、これ以上増やすことが難しくなってきていることから、1つの基地局あたりのアンテナ数を最大128本まで増やします。

160908_5g_project_02
アンテナが増えたことにより、一人一人が専用の“道路”(電波)を使用できるようになり、より高速な通信が実現します。

160908_5g_project_04
「Massive MIMO」を使用した場合と使用していない場合で比較すると、平均で6.7倍のスピードが出る結果に。実験では通常ではあり得ないような負荷をかけたそうです。

160908_5g_project_07
ソフトバンクとNTTドコモ、auのそれぞれ100台(計300台)のスマートフォンを使った実験も実施。「Massive MIMO」を使用したソフトバンクは、全ての端末が10秒以内に1MBのファイルのダウンロードに成功。

160908_5g_project_05

ソフトバンクは、この新技術により実現した新たなデータ定額プラン「ギガモンスター」を同時に発表しています。

20GB月額6,000円、30GB月額8,000円で高速通信が利用できます。「ギガモンスター」の詳細は下記プレスリリースにてご確認ください。

関連リンク

5G Project | ソフトバンク
「5G Project」の開始について | ソフトバンク株式会社
20GBで月額6,000円、30GBで月額8,000円! データ定額に「ギガモンスター」登場! | ソフトバンク株式会社

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。