ドコモ、国内最速500Mbps超サービスを2017年3月に70都市で一斉展開へ

NTTドコモは9月13日、国内最速の受信時(下り)最大500Mbps以上の通信サービスを、2017年3月より国内70都市で一斉展開すると発表しました。

160913_docomo_512mbps_01

今回発表した高速化は、「256QAM」への変調多値化と「4×4MIMO」へのMIMO拡張の2つの技術により実現します。

「256QAM」への変調多値化は、一度に運ぶ情報量を増やす技術であり、これまで64QAM(6ビット)の情報量を運んでいたものを256QAM(8ビット)へと増やすことで、約1.33倍の高速化を実現させます。これまで最速だった受信時最大375Mbpsを受信時最大500Mbpsへ高速化することが可能となります。

「4×4MIMO」へのMIMO拡張は、基地局と端末のアンテナ数を2つから4つに増やし、データを多重で伝送することで、これまで3.5GHz帯を利用して実現していた受信時最大370Mbpsの通信サービスを受信時最大512Mbpsへ高速化します。

プレスリリースより

これにより、5分の4K動画(約2GB)の場合、最大150Mbpsサービスに比べ、約3分の1の30秒でダウンロードできるようになります。

現在NTTドコモは、国内最速の最大375Mbpsサービスを東名阪の30都市で、最大300M超サービスを全国789都市で展開しています。

最大500Mbps以上の通信サービスは、2017年3月より東京23区・名古屋・大阪など70都市の約1,100局で一斉にスタートする予定です。

また、2020年の5Gの商用化に向け、2017年度以降、周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーションやMIMOの更なる拡張などにより、1Gbpsサービスも提供する予定とのことです。

NTTドコモによる技術解説。CA(キャリアアグリゲーション)との違い

NTTドコモによる技術解説。CA(キャリアアグリゲーション)との違い


2020年に向けてさらに高速化

2020年に向けてさらに高速化


記者説明会の資料より(※PDFファイル)

関連リンク

NTTドコモ
報道発表資料 : (お知らせ)1Gbps通信の実現に向けたドコモのネットワークの進化 | お知らせ | NTTドコモ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。