ビッグローブ、NECのトラフィック制御システム導入により「BIGLOBE SIM」の通信速度が最大2倍に高速化

ビッグローブは、日本電気(NEC)が開発した通信トラフィックを高度に制御する「Traffic Management Solution」(TMS)を採用し、その主要機能である「Dynamic TCP Optimization」(D-TCP)を活用することで、「BIGLOBE SIM」の通信集中時の通信速度が最大2倍に高速化したと発表しました。

161005_biglobe_nec_tms_01

「D-TCP」は、ネットワーク混雑時に発生しやすい「パケットロス」や「パケット再送」を大きく低減することができる機能です。2016年7月に導入して以降、効率的な通信の実現により「BIGLOBE SIM」の通信集中時の通信速度を最大2倍に高速化することができ、サービス体感品質の向上に成功しました。

BIGLOBEをはじめ各MVNOサービスは、大手キャリから調達したモバイルネットワークを利用して通信サービスを提供していますが、ネットワークの混雑度が増すと、調達しているネットワーク帯域を超えないようにパケットを破棄し、利用者全体の通信を安定化させる制御を行っています。

その一方で、WEBブラウジングや動画再生などの多くは、パケットロスが発生すると再度パケットを送受信する仕組みが働き、混雑時間帯には再送されるパケット量が多くなり、さらに通信速度が遅くなる現象が発生していました。

161005_biglobe_nec_tms_02

ビッグローブは、混雑時間帯の通信速度低下対策として、需要に応じてネットワーク帯域の増強などの対策を取り組んできましたが、今回の「D-TCP」を世界で初めて採用したことで、パケットロスを最大40%軽減し、通信速度の改善に成功しました。

関連リンク

BIGLOBE SIM
NECの「Dynamic TCP Optimization」を世界で初めて採用、BIGLOBE SIM通信集中時の通信速度を最大2倍に高速化 | プレスルーム | ビッグローブ株式会社

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。