「UPQ Phone A01X」が充電中に発火し火災、消費者庁が重大製品事故として公表

160301_upq_a02_a01x_06

消費者庁は10月14日、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告のあった重大製品事故を公表しました。

そのなかに、「ガス機器・石油機器以外の製品に関する事故であって、製品起因が疑われる事故」の1つとして、輸入事業者であるUPQ(アップ・キュー)のAndroidスマートフォン「UPQ Phone A01X」が今年9月22日、沖縄県で火災があったことが報告されています。

事故内容は「当該製品を充電中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。現在、原因を調査中」とのことです。

出典 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について|消費者庁(※PDFファイル)

なお、留意事項として、今回の公表内容は速報段階のものであり、今後の追加情報、事故調査の進展などにより、変更または削除される可能性があるとしています。

現在のところ、UPQ側から注意喚起などのアナウンスは確認できていません。

関連リンク

消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について|消費者庁(※PDFファイル)
UPQ Phone A01X | 株式会社UPQ(アップ・キュー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。