NTTドコモがiモード携帯電話の出荷を終了へ、サービスは継続

NTTドコモは、iモード対応の携帯電話(フィーチャーフォン)について、2016年11月〜12月を目処に出荷を終了し、在庫限りで販売を終了すると発表しました。

iモード対応携帯電話は、2015年11月27日発売の「P-01H」が最後のモデルとなります。

なお、iモードのサービス自体は今後も継続します。また、iモード対応のらくらくホンについては、当面出荷を継続します。

同社は2015年夏モデルより、Android OSを採用したspモード対応の携帯電話(いわゆる「ガラホ」)を提供しているほか、今冬モデルからはLTE(VoLTE)に対応したspモード対応携帯電話を提供しています。

VoLTE対応の「AQUOS ケータイ SH-01J」(左)と「P-smart ケータイ P-01J」

VoLTE対応の「AQUOS ケータイ SH-01J」(左)と「P-smart ケータイ P-01J」

※「ガラホ」はKDDIの登録商標です。

関連リンク

ドコモからのお知らせ : ドコモ ケータイ(iモード)出荷終了について | お知らせ | NTTドコモ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。