ワイモバイル、スマホとタブレットのデータ容量シェアサービスを来春開始

ソフトバンクとウィルコム沖縄は、「Y!mobile」ブランドのスマートフォン向け料金プラン「スマホプランS/M/L」と、タブレット向け料金プラン「データプランS」で利用可能なデータ通信容量を合わせてシェアできるサービスを2017年春以降に提供すると発表しました。

現在、Y!mobileのスマートフォンを契約中のユーザーが新たにタブレットを購入した場合、スマートフォンとタブレットの各料金プランのデータ通信容量を個別に利用していますが、シェアサービス開始以降はデータ通信容量を無駄なく使えるようになります。

161102_ymobile_tablet_share_01

シェアサービスの詳細は、別途発表される予定です。

シェアサービス開始に先立ち、「データプランS」の月間データ通信容量を1GB増量するキャンペーンを2016年11月3日(木)より開始します。

キャンペーン期間中に「データプランS」を新規で契約すると、2017年3月までの毎月、高速データ通信容量を1GB増量します。

キャンペーン期間は2016年11月3日(木)からで、終了日は発表されていません。

関連リンク

ワイモバイル(オンラインストア)
Y!mobile、スマートフォンとタブレットのデータ通信容量を分け合えるシェアサービスを提供 | ソフトバンク株式会社

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。