IP電話アプリ「LaLa Call」がAndroid 6.0以上の特定条件下で着信できない不具合

161107_lalacall_01

ケイ・オプティコムは、IP電話アプリ「LaLa Call」において、特定の条件下で着信ができない不具合を確認していると発表しました。

発表によると、Android 6.0以上の端末において、給電していない状態でスリープになった後、一定時間以上何も動作がない状態が続くと着信しなくなるとのことです。

2時間以上など数時間以上何も動作していない場合に症状を確認しており、一定時間内に通知が届く、電源ボタンを押す、給電するなど、端末に何かしらの動作が合った場合は着信が可能です。

現時点で不具合が確認できている動作確認端末は「arrows M03」「HUAWEI P9 lite」「Nexus 6P」「Nexus 5X」です。

原因は、Android 6.0以上に標準搭載されている「Dozeモード」(電池の最適化)により、一定条件でプッシュ通知が届かなくなっている可能性が考えられ、「電池の最適化をしない」アプリに設定しても影響を回避できないとのこと。

161112_lalacall_01

同社は、Dozeモードによる影響を回避できるよう、アプリとサーバーの改修を検討していますが、改修の目処は不明としています。

関連リンク

LaLa Call(ララコール)
mineoユーザーサポート|お知らせ|arrows M03などのAndroid6.0以上の端末で着信しない場合がある不具合について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。