KDDIがビッグローブを買収、2017年1月をめどに完全子会社化

KDDIは、ビッグローブの全株式を日本産業パートナーズが管理・運営等を行う日本産業第四号投資事業有限責任組合などから取得する株式譲渡契約を締結したことを発表しました。2017年1月をめどに、総額約800億円で取得し、完全子会社化する予定です。

ビッグローブは、固定回線を利用したインターネット接続サービスが200万人超(2016年9月末時点)、モバイル事業でも40万人が利用しています。

今回の子会社化により、両社それぞれの顧客基盤・事業ノウハウなどを活用することで、通信領域のみならず、決済・物販事業など非通信領域においても両社のシナジーによる事業拡大を図るとしています。

161208_kddi_biglobe_01

現在「BIGLOBE SIM」はNTTドコモの回線を利用していますが、KDDIはグループ会社の「UQ mobile」を通じてMVNO事業に相当力を入れているため、KDDI(au)の回線を利用した「BIGLOBE SIM」が誕生する可能性も考えられます。

関連リンク

KDDIによるビッグローブの子会社化について | KDDI株式会社

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。