第2世代ライカダブルレンズや新世代CPUを搭載した「HUAWEI Mate 9」が12月16日に発売

161213_huawei_mate9_02

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は、同社スマートフォンの最上位グレード「Mateシリーズ」の最新機種となる「HUAWEI Mate 9」を2016年12月16日(金)より発売すると発表しました。市場想定価格は60,800円(税別)です。

主な特徴は、パフォーマンス18%アップ・電力効率15%アップした新世代CPUによる快適な操作性・高速レスポンス、超急速充電と4,000mAh大容量バッテリー、第2世代のLeicaダブルレンズカメラを搭載の3点です。

日本での「Mateシリーズ」は、2014年の「Ascend Mate 7」、2015年の「Mate S」についで3機種目となります。

「HUAWEI Mate 9」は、VIPサービスとして、購入から90日間以内に発生した画面破損は、1回に限り無償で修理してもらうことができます。

「HUAWEI Mate 9」の主な特徴

161213_huawei_mate9_01

新世代のCPUと学習アルゴリズムによる快適な操作性、高速レスポンス

新開発の「Kirin960」チップセットは、世界初となるARM社の最新設計を採用したオクタコアCPUで、パフォーマンスは従来比で18%アップ、電力効率は15%アップしています。

システムパフォーマンスを改善し続ける学習アルゴリズムと、ファイルの断片化を解消するシステムにより、スマートフォンの長期間使用によるアプリの起動や切り替え、画面スクロールなどの速度・レスポンス低下を軽減し、使い始めの高速レスポンスを長期間保つことを可能にしています。

超急速充電と大容量バッテリーによる2日以上連続使用のハイパフォーマンス

バッテリーは大容量の4,000mAhを搭載しています。標準的な利用で2日以上の連続使用が可能です。

また、急速充電にも対応しており、約1日分のバッテリーを20分で充電できます。常に最適な電圧と電流で充電することで効率を高めているほか、5重のゲートによりリアルタイムで電流・電圧・温度をモニターすることで、充電中の温度上昇を抑制します。

好評のLeicaダブルレンズが進化、第2世代のライカダブルレンズカメラ搭載

「HUAWEI P9」ユーザーからの高い支持を得ているLeicaダブルレンズのカメラがより進化した、第2世代のLeicaダブルレンズカメラを搭載しています。

1,200万画素のカラー(RGB)センサーと2,000万画素のモノクロセンサーを採用。進化したデュアルセンサーによりディテール(陰影情報)を捉える性能が50%向上しています。また、光学手ブレ補正により、写真だけでなく4K動画撮影時を含むビデオ撮影時にも
手振れの少ない映像が撮影できます。

一眼レフに採用されている「像面位相差フォーカス」を新たに追加し、赤外線による「レーザーフォーカス」、2つのカメラの視差を使って被写体までの距離を測る「デプス・フォーカス」、コントラストを検出してピントを合わせる「コントラスト・フォーカス」と4つのフォーカスの仕組みを撮影シーンに応じて最適に組み合わせ、すばやく、かつ、精度の高いオートフォーカスを実現しています。

このほか、約0.4秒でロック解除可能な指紋認証センサーを搭載するほか、ファーウェイ端末としてはデュアルSIMデュアル待受(DSDS)に対応。LTE(4G)と3Gの同時待ち受けが可能です。

なお、VoLTEやau回線を利用したSIMカードはサポートしていません。

「HUAWEI Mate 9」の主な仕様

Huawei Mate 9
本体サイズ156.9mm
78.9mm
7.9mm
重量約190g
ディスプレイ5.9インチ IPS
画面解像度1,920*1,080(フルHD)
OSAndroid 7.0
EMUI 5.0
CPU・プロセッサHisilicon Kirin960
オクタコア(2.4GHz+1.8GHz)
RAM4GB
ROM64GB
メモリーカードmicroSD(最大256GB)
アウトカメラ
(背面)
2,000万画素+1,200万画素
インカメラ
(前面)
800万画素
バッテリー容量4,000mAh
急速充電対応
(5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A)
通信方式(SIMスロット1)FDD-LTE
TDD-LTE
UMTS(3G)
TD-SCDMA
CDMA2000(チャイナテレコムのみ)
GSM
通信方式(SIMスロット2)UMTS(3G)
CDMA2000(チャイナテレコムのみ)
GSM
対応周波数
(FDD-LTE)
B1/2/3/4/5/7/8/9/12/
17/19/20/25/26/28/29
対応周波数
(TDD-LTE)
B38/39/40/41
対応周波数
(3G/W-CDMA)
B1/2/4/5/6/8/19
対応周波数
(GSM)
850/900/1800/1900MHz
SIMカードnano SIM+nano SIM
デュアル待受(DSDS)対応(LTE+3G)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac(2.4/5.0GHz)
Bluetoothv4.2 with BLE
外部接続端子USB Type-C
測位方式GPS
AGPS
Glonass
Beidou
Galileo
センサー加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
HALL
指紋
気圧
生体認証指紋認証
その他赤外線リモコン対応
NFC
本体カラーシャンパンゴールド
ムーンライトシルバー

ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店では、既に予約受付を開始しています。このほか、家電量販店や通販サイトでも販売予定です。MVNOは、現時点でイオンモバイル・エキサイトモバイル・DMMモバイル・楽天モバイルで取り扱われる予定です。

関連リンク

HUAWEI Mate 9 | Huawei
Huawei – 新世代CPUと学習アルゴリズムでずっと快適な操作性を実現! 好評のLeicaダブルレンズカメラも搭載したHUAWEI最上級モデル 『HUAWEI Mate 9』 12月16日(金)より発売

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。