LINEモバイルが利用動向を公開、TwitterやInstagramのデータ量もカウントされないプランが人気

LINEモバイルは、サービス開始3ヶ月(2016年9月5日〜11月30日)の利用動向を公開しました。

契約者と利用者の年齢分布は、ともに30代後半〜40代前半が多い傾向である一方、契約者は利用者と比較して10代〜60代まで幅広く分布しています。

161221_linemobile_01

年代別利用プランでは、10代と40代以降は、LINEのデータ使用量がカウントされない「LINEフリープラン」の割合が高く、20代〜30代では、LINEに加えTwitter、Facebook、Instagramのデータ使用量がカウントされない「コミュニケーションフリープラン」の割合が高くなっています。

161221_linemobile_02

月別の申込プランの割合は、月を追うごとに「コミュニケーションフリープラン」の割合が増えています。

161221_linemobile_03

また、プランごとの「音声付きSIM」「データSIM」の申し込み数の割合については、「LINEフリープラン」の契約者の77%が「データSIM」である一方、「コミュニケーションフリープラン」の契約者の70%が「音声付きSIM」を選択肢ています。

161221_linemobile_04

これについて同社は、「LINEモバイルをメイン端末として利用しているユーザーが増えていることが読み取れる」とコメントしています。

関連リンク

LINEモバイル
【LINEモバイル】サービス開始3ヶ月の利用動向を公開 | LINE Corporation | ニュース

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。