モトローラ「Moto Z」に新色ブラックゴールドが登場、1月下旬より販売

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMロックフリースマートフォン「Moto Z」の新色「ブラックゴールド」を2017年1月下旬より販売すると発表しました。市場想定価格は85,800円(税抜)です。

170113_motoz_01

「Moto Z」は2017年10月に販売を開始したモデルで、5.5インチ高解像度QHDディスプレイを搭載したハイスペック・フラッグシップモデルです。光学式手振れ補正、レーザーオートフォーカス搭載により、光量の少ない環境でも鮮明な写真撮影が可能なほか、指紋認証、急速充電、2枚のSIMカードの同時待ち受けが可能なDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しています。

また、専用アクセサリー「Moto Mods」を装着することでさまざまなデバイスとして使用できるスマートフォンです。プロジェクター、オーディオスピーカー、拡張モバイルバッテリー、光学ズーム付きデジタルカメラが用意され、背面に装着することで機能を拡張させることができます。

過去記事 機能拡張も可能なDSDS対応のモトローラ「Moto Z」「Moto Z Play」が10月中旬に発売

発売中のブラック・ホワイトに新たに加わる新色「ブラックゴールド」は前面と背面はブラック、側面はローズゴールドの仕上げとなっています。

新色発売を記念し、各販売店にて「Moto Z」「Moto Z Play」と「Moto Mods」を同時購入すると割引を受けることができる「Moto Modsバンドルキャンペーン」を1月下旬より実施予定です。

関連リンク

モトローラ・モビリティ・ジャパン
モトローラ・モビリティ・ジャパン製のSIMフリースマートフォン、「Moto Z」新色ブラックゴールドを取り扱い開始

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。