ビッグローブが2017年2月よりSIMカード発行時に「SIMカード準備料」を請求、一部プランの名称を変更

ビッグローブは、2017年2月1日(水)より「BIGLOBE LTE・3G」のSIMカードを発行する際、各種申し込み時の手数料に加え、「SIMカード準備料」の請求を開始すると発表しました。

SIMカード準備手数料は1枚あたり394円(税別)で、新規契約・シェアSIM追加・SIMカード種別変更・SIMカード再発行など、SIM発行を伴うすべての手続が対象です。

2月1日(水)申し込み分からが対象で、すでに利用中のユーザーも2月1日(水)以降に対象の手続きを行う場合は対象となります。

160916_rakuten_mobile_01

SIMカード準備手数料は、NTTドコモが去年8月よりMVNO向けに設定した「USIMカード貸与に係る費用」で、これまでU-mobileや楽天モバイル、FREETEL、LINEモバイルの各社もユーザーへ請求しています。

過去記事 U-mobileが「SIM発行手数料」を新設、8月申し込み分から394円
過去記事 楽天モバイルが契約事務手数料を3,394円に値上げ、再発行手数料は値下げ
過去記事 FREETEL、10月よりSIMカード発行時に394円の「docomo SIM発行料」を請求
過去記事 LINEモバイルが初期費用を改定、2月1日申し込み完了分からSIMカード発行手数料を追加

また、2月6日(月)より、「BIGLOBE LTE・3G」のライトSプラン、およびエントリープランの名称を変更します。

  • ライトSプラン ⇒ 6ギガプラン
  • エントリープラン ⇒ 3ギガプラン

その他のプランの名称変更はありません。また、月額料金やデータ通信容量など、サービス内容に変更はありません。

関連リンク

BIGLOBE SIM
【お知らせ】「BIGLOBE LTE・3G」SIMカード発行時の「SIMカード準備料」ご請求開始について:BIGLOBE会員サポート
【お知らせ】「BIGLOBE LTE・3G」一部料金プランの名称変更について:BIGLOBE会員サポート

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。