ケイ・オプティコムがコンテンツとデータ通信をセットにした「+SIM」を発表、第1弾は日経電子版

「mineo」を提供するケイ・オプティコムは、コンテンツとLTEデータ通信をパッケージした新しいモバイルサービス「+SIM(プラスシム)」を開始します。「mineo」とは別の新ブランドとなります。

その第1弾として、日本経済新聞が提供する日経電子版と組み合わせた「日経電子版+SIM」を2017年3月1日(水)より提供します。

日経電子版は、有料会員数50万人超・無料会員を含めた総会員数330万人のユーザーが登録する日本経済新聞の電子版サービスです。

近年では20代の新規有料会員が急速に増え、「+SIM」では、この春から新しい生活をスタートさせる新社会人や、就職活動中の大学生でもお得に利用できる「日経電子版+SIM」を月額4,946(ヨクヨム)円で提供します。

「日経電子版+SIM」は、日経電子版の購読料とLTEデータ通信5GBのパッケージで提供します。それぞれを個々で契約するよりも安い値段設定となっています。

サービスはNTTドコモのネットワークとなります。

音声通話プランも選択できるほか、1,000円を追加すると10GBにアップグレードすることもできます。

シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(音声通話+SMS付)
5GB 4,964円 5,646円
10GB 5,946円 6,646円

なお、2017年3月1日(水)〜4月27日(木)の期間中に新規に「日経電子版+SIM」を申し込むと、契約事務手数料(3,000円)が無料になります。

店頭での販売は行わず、3月1日(水)開設予定の専用サイトのみでの販売となります。また、端末のセット販売はありません。

「+SIM」は、今後もさまざまなサービスやブランドとパッケージにした商品を提供していく予定とのことです。

関連リンク

コンテンツとデータ通信をパック販売 新ブランド「+SIM(プラスシム)」スタート ~第1弾は「日経電子版+SIM」~

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。