フリーテル、不正入手端末の利用を制限できる遠隔ロックシステムを導入

「FREETEL」ブランドを展開するプラスワン・マーケティングは、不正に入手された端末の利用を制限する「遠隔操作でのスマートフォン利用制限(端末ロック)」を導入すると発表しました。

遠隔操作での利用制限の対象となるのは以下の製品です。

  • 販売店での窃盗(盗難)や詐欺などの犯罪行為により、不正に入手された携帯電話及びスマートフォン
  • 本人確認書類偽造や申込書の記載内容(名前、住所、生年月日など)に虚偽の申告が含まれているなど、不正な契約により入手された携帯電話及びスマートフォン
  • 代金債務の履行がなされていない、またその恐れが高い携帯電話及びスマートフォン

一度利用制限を実施した端末のロック解除は行わないため、オークションや中古販売店などで購入する際は注意が必要です。

なお、端末の固有番号(製造番号)を入力することで、利用制限がかかっている端末かどうかを照合できるWEBサイトが公開される予定です。

関連リンク

FREETEL
携帯電話不正利用防止 取組み開始のお知らせ | FREETEL(フリーテル)

当サイトで紹介したキャンペーンやセールは終了している場合があります。記事の更新日を確認のうえ、詳細については公式サイトや当該サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。