中古端末を扱う8社が「リユースモバイル・ジャパン」を設立、平均買取価格を毎月開示へ

リユース(中古)モバイル通信端末を扱う8社は、リユースモバイルの普及と健全化を図る任意団体「リユースモバイル・ジャパン(RMJ)」を2017年3月14日(火)に設立しました。

発起人は次の8社です。

  • 株式会社携帯市場(代表理事企業)
  • 株式会社ゲオ
  • 株式会社TSUTAYA
  • ブックオフコーポレーション株式会社
  • エコケー株式会社
  • 日本テレホン株式会社
  • 株式会社ネオリア
  • 株式会社パシフィックネット

RMJは、リユースモバイル通信端末市場の発展により、多様で低廉な通信サービスが安心で安全に消費者に提供される社会の形成を目指すことを理念に、継続的に行政と意見交換を行うほか、買取市場の公平性・透明性を消費者に伝えるため、端末の平均買取価格を公式サイトにて毎月開示します。

RMJの事業内容は次の通りです。

  1. リユースモバイル通信端末に関する事業の認知度向上を目指す広報・啓蒙活動
  2. リユースモバイル通信端末事業者における古物営業法等の法令順守のための活動
  3. リユースモバイル通信端末事業に係る関連省庁との連携
  4. 関連事業者(キャリア・メーカー・MVNO事業者等)および業界団体との連携
  5. リユースモバイル通信端末事業の健全な発展に関する政策提言
  6. 優良かつ透明性の高いリユースモバイル通信端末事業者の育成(データ管理・不正端末流通防止等に関するガイドライン策定等)
  7. 会員相互の連絡と共通する課題の共有
  8. 前各号に掲げる事業に付帯または関連する事業

関連リンク

RMJ リユースモバイル・ジャパン
リユースモバイル機器の普及と健全化を目指す業界団体「リユースモバイル・ジャパン(RMJ)」3月14日(火)設立(※PDFファイル)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。また、計算式を完成させないと投稿できません(入力は算用数字でOKです)。